まめコーデ

4199505318まめコーデ 1 (リュウコミックス)
宮部サチ
徳間書店 2016-10-13

by G-Tools

お肉と揚げ物が大好きで【鶏から弁当】ばかり食べている。ファッションセンス皆無で【変なキャラがプリントされた服】ばかり着ている。ルックス自信なし。人見知りで上がり症。田舎者で訛ってて、ついでに名前も変…。そんな【まめちゃん】(鳥取県出身)がメガネの怖い新人女子マネージャーに見出されて、レッスンにオーディションに大奮闘!  【トップモデル】へと坂を駈け上がっていく、いっぱい笑えて、いっぱい泣けちゃう物語!!!


姫川まめは、いつもオーディションに不合格となっている超売れないモデルである。ファッションセンスも無いから、いつも微妙な服を着ているから、第一印象ですぐに不合格になる。田舎から出て来て田舎娘丸出しのままなのに、何でモデルをやっているのか謎だと思ってたら、誰か知らないけど、事務所の人がスカウトしたのか。

まめの不幸な点は、担当マネーシャーのクチャラー(名前は知らないが、いつも口をクチャクチャ言わせて汚い食べ方をしている)がクズ野郎で、何も教えずに放置している事である。クチャラーは売れっ子モデルの担当になる事が決まり、事務所の新人女子マネージャー如月瓜が、新たな担当となる。

如月は姫川まめを見て、彼女が磨けば売れると確信する。まずは、モデルの名刺代わりとなるコンポジットと呼ばれる写真カードの撮り直しから始める。如月の家には衣裳部屋があり、数多くの衣装が揃えられていたのだが、きっとこの人はモデルになりたったけど、自分に才能が無い事を知っているから、モデル事務所のマネージャーになったのだろう。

衣裳部屋であれこれしていると、姉の如月凪も乱入してきて、一緒にコンポジット撮影に関わろうとする。姉が仲間に加わった事で、彼女が勤めるデザイン事務所のスタジオが使える事になった。

まだ、姫川まめ改造計画は始まったばかりだというのに、いきなりお姫様ファツションみたいなパウダースノードールというブランドのイメージモデル・オーディションを受けなくてはいけなくなってしまう。クチャラーが勝手に応募してしまったのだ。次回落ちたらモデルはクビだと遠回しに言っておきながら、難易度の高いところを受けさせようとするなんて、本当にクズ野郎である。

いきなり後が無くなった感じなのだが、果たして、パウダースノードールのイメージモデルとなる事が出来るのか!?



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する