チートだけど宿屋はじめました。 1

4575239070チートだけど宿屋はじめました。 (Mノベルス)
nyonnyon DSマイル
双葉社 2015-06-27

by G-Tools

小さいけれど、料理の味とサービスが王都で評判の宿『竜亭の宿木』。若き女将のカーラ・グライシスは、実は日本から転生してきた元・男性だった――カーラの料理の虜になり、毎日食事をしにくる国王のカイルや、やり手のギルド受付嬢・リリカなど、カーラの宿は今日も常連さんで大忙し! 「小説家になろう」発、大人気お仕事ファンタジー!


高橋竜太は28歳なのに、寿命で死んでしまった。どうやら、先程から目の前で土下座している、神様っぽい衣装の金髪美少女のせいらしい。28歳はまだ人間の寿命じゃないだろう! と、ツッコミが入るところであるが、神様統一管理寿命作成手帳に、最高神が記入しちゃったから、そう決まったらしい。なんだそのデスノートみたいな手帳はっ! 当然、やらかした最高神というのが、土下座美少女であった。

問題なのは、ここからである。不手際により、輪廻の輪を用意していなかったので、通常では転生出来ないらしい。今から輪廻に加える手続きを取ると、次の転生は6億8328万年後になるらしい。そんなに未来だと、人類どころか哺乳類すら絶滅していて、蜘蛛進化型生物とか、そんな未来世界でも生き残っているであろうゴキブリ先輩にしか転生出来ないではないか!

選択肢は3つ用意されているらしいが……。
1.輪廻の輪を待つ。(6億年待てるかな?)
2.浮遊霊として彷徨う。(除霊される恐れあり)
3.異世界へGO!!!(オススメ! 超オススメ! 最高神さん一押し!!)

あかん。これは3番しか選べない選択肢になっているではないか。3番は罠だと思った竜太だったが、無制限でチート能力をくれるというので、速攻で3番を選択する。しかし、望んだのは女になってみたいという事だった。なんだそれ、女でも良いけど、チート無制限と言っているのだから、もっと欲張れよ。この最高神なら、魔力体力最強で異世界アイテムを無限に取り寄せ可能な不老不死の美少女女神様になるくらいの願いは叶えてくれるはずだぞ。

女になる以外は、普通に生きていける程度の能力しか望まなかった竜太だが、最高神が面白がって、勝手にチート能力をガンガン加えていったようである。現時点ではどれ程の能力なのか不明であるが。そして、転生して赤子からやり直すのかと思ったら、大量の紙を持っていきなり草原に立っていたから、お約束の台詞「知らない天井だ……」を言おうと思ったのに、言えなかった件。

持っていたのは、神様FAXで送られてきた、この世界の設定資料だった。中世風で魔法などが存在するゲーム風の世界であるが、体力や精神力が最高で999、他の能力値は最高で100に設定されているらしい。しかし、竜太転生後のカーラ・グライスは、攻撃力が53万になっていた。上限が100のはずなのに! ちなみに防御力は13億、魔法防御力が12億になっていた。最高神の仕事が適当すぎる。最強のドラゴンどころか、自分で自分を傷つける事すら不可能なんじゃないのか? 防御力が13億もあるのに、攻撃力が53万しかないし。

とりあえず王都を目指すが、途中で襲ってくる盗賊や魔物を瞬殺しつつ、力の制御方法を覚えていく。本気を出したらとんでもない事になっちゃうからね。王都に辿り着いたカーラは、宿屋を始めようと決めた。しかし、宿屋を始めるには王都に5年以上住んで市民となるか、冒険者としてB級以上の実力を認められなければならなかった。

冒険者のほうが早いと思ったのだが、冒険者になるには、冒険者育成学校の卒業証明書が必要だと言われてしまう。なんだこれ、結構面倒くさいんだな。

宿屋を始めるまでに苦労するのかと思ったら、次の章ではすでに宿屋を経営しているじゃないか。クラン大陸の中心に位置するオークラン王国の王都クランクラン。そこに「竜帝の宿木」という宿屋がある。ここまでに5年が経ち、色々と苦労があったようだが、かなり端折られている。

オークラン王国の国王が「嫁に来てくれ」と言いながら押しかけてくるなんて、この国はどうなっているのだ!? 身分制度が、かなりいい加減な世界なのかもしれないが。いや、国王が特殊なだけか。

「竜帝の宿木」には、「歓喜の庭園亭」の娘アンナも、頻繁にやって来る。しかし、「竜帝の宿木」の秘密はそう簡単には暴く事が出来ない。

カーラは【混沌の情報網】という能力で、パン作りの方法を検索したのだが、これは常人が検索すると脳に負荷がかかりすぎて廃人になるらしい。ちなみに、情報更新は最高神が行っているので、いい加減だったりもする。パンを作る時は、時間圧縮などの魔法も使うので、他の人が真似をする事は出来ない。

「竜帝の宿木」には商人が来たり、ならず者が来て追い出されたり、冒険者が来たり、王様が来たりと、いろいろあるのだが、ある日、何処かで見た事があるような無いような、そんな感じの美女が来る。それは最高神に従う天使で、この世界だと唯一神クランだった。

クランが持ってきた手紙により、恐ろしい事が発覚する。最高神が適当にステータスを弄りすぎた結果、この世界の神クランよりも、カーラのほうが強くなってしまっていたなんて! さらに、内緒でさらにチート能力を加えておいたと書かれている。ネットゲームでよくある弱体化調整ではなくて、さらに何か仕込んでくるなんて……。



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する