劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢

B01IVNMREE劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(通常盤)[DVD]
ビーイング 2016-10-26

by G-Tools

人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第20弾。リニューアルしたばかりで大盛況の東都水族館へやって来たコナンたち。そこで記憶喪失の女性を発見したコナンは、少年探偵団と共に彼女の記憶を取り戻す手伝いをすることに。ゲスト声優は天海祐希。


TVで放映されたので観た。派手なアクション・シーンばかりで、推理要素が乏しい事に不満を持つ層もいるようだが、私はミステリー好きでは無いので、謎解き等が無くても問題無かった。

黒の組織の女が警察庁に侵入し、機密データが組織側に漏れてしまう。世界各国の諜報機関が黒の組織に潜入させているスパイが誰なのか発覚してしまい、リースリング、アクアビット、スタウトが殺されてしまう。

組織の女は派手なカーチェイスで逃げ切るが、記憶を失った事で組織には戻れなくなり、ベンチに座っているところをコナンに発見される。キュラソーが戻らないので、記憶喪失になっていることを組織側も知るが、遊園地にある仕掛けで、記憶を呼び覚まそうとする。そんな事も知らず、誘い出されてしまう公安は愚かである。

組織に潜入していたキールとバーボンも、ジンに疑われて殺されそうになるが、キュラソーからの情報が不完全だったため、一命を取りとめる。バーボンの正体は、警察庁警備局警備企画課(ゼロ)所属の公安警察官、 安室透なのだが、観覧車の裏側で、FBI捜査官の赤井秀一と殴り合いの喧嘩をしたりする。

安室さんの中の人がアムロ・レイと同じだし、赤井さんの中の人が赤い彗星の中の人と同じだし、コナンなのに、何でガンダムになっているのだろう(笑)。公安警察の風見裕也まで、カミーユの中の人だったし。ちょっと狙いすぎじゃないのか!? 面白かったから良いけど。

キュラソー奪還のためにジンがオスプレイで攻撃して来るのだが、ここまでやったらもうテロリストじゃないか。自衛隊は何をやっているんだ? 政府上層部にも黒い奴らがいて、スクランブル出来ないのか?

記憶喪失の美女キュラソーに関しては、最初から死亡フラグがビシバシ立ちまくっていたが、やはり回避は出来なかったか。それにしても、逃げるだけなら死ぬ事も無かったのに、子供達を助けるために死ぬなんて。自分達が気づかないうちに、自らの愚かな言動で大切な相手を死に追いやっている部分なんて、ガンダム繋がりでポケット戦争を真似ているのか? あいつらが観覧車に乗りに行かなかったら、キュラソーは死ななかったわけだし。出来れば生き延びて、小さくなって欲しかった(をいっ!)。

いつもなら、どこかで活躍するシーンのある毛利蘭が、今回は空気だっだよね。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する