宰相の二番目の娘

4488748023宰相の二番目の娘 (創元SF文庫)
ロバート・F・ヤング 山田 順子
東京創元社 2014-10-31

by G-Tools

過去にタイムトラベルして歴史上の重要人物を現代へ拉致、そっくりロボットを製作したあと本物は過去へ帰す。それが彼の任務だ。新しい展示企画“千夜一夜物語展”で語り聞かせ場面を再現するため、9世紀へ飛んでシェヘラザードを連れ帰るはずが、彼はまちがえて15歳の妹のほうをさらってしまう。追手を振り切り時間移動したが…ふたりが到着した先は見知らぬ世界だった!


歴史上の重要人物を拉致し、そっくりのロボットを製作している未来世界。非正規雇用のビリングズは、アラビアン・ナイトで有名なシェヘラザードを拉致する任務を与えられる。

9世紀に飛んでシェヘラザード姫を拉致したつもりだったが、相手は妹のドニヤザードだった。タイムマシンをついうっかり壊してしまったので、ドニヤザードを連れたまま、21世紀に戻れず魔神が支配する訳の分からない世界に行ってしまう。

魔神の住む隔ての地から9世紀に戻ろうとするのだが、戻る事が出来ない。巨大なロック島(本書ではルフ島)に襲われるし、グールに食われそうになるし、財宝を隠している盗賊に捕まるし、かなりファンタジー展開をする。ドニヤザードがお転婆姫で、グールを倒したり、ランプの魔神を呼び出して盗賊を倒したりと、活躍するのが良い。

半分くらいアラビアン・ナイトの世界が展開されるのだが、隔ての地が異世界かと思ったら●●だったり、魔神が●●●だったりと、ファンタジーに見えるけど、やはりSFだった。

すぐに帰還出来なかったので、ビリングズはそのまま解雇されてしまうのだが、最後は安心の甘口ハッピーエンドで良かった。ドニヤザード可愛いよドニヤザード(*´Д`)


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する