ワイルド・スピード SKY MISSION

B01AN5NVI4ワイルド・スピード SKY MISSION [DVD]
クリス・モーガン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2016-04-08

by G-Tools

ヨーロッパ全土で暗躍していたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)率いる国際犯罪組織を壊滅させ、レティ(ミシェル・ロドリゲス)を奪還したドミニク(ヴィン・ディーゼル)と仲間たち。ロサンゼルスで安息の日々を過ごす彼らのもとに、東京から1本の電話が入る。「お前たちの仲間を殺した。」――電話の主はデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。オーウェン・ショウの兄であり、かつてドミニクたちが対峙したどんな敵よりも恐ろしい男だった――。弟の仇を討つために復讐に燃えるデッカード・ショウと、仲間を失い怒りに燃えるドミニクたち。すべて奪おうとする男を目の前に、遂にドミニクら“ファミリー"は最後の手段に打って出る――。


なんか、無茶苦茶評価が高いよね。アクション・シーンは派手で良いのだが、ゴチャゴチャし過ぎて分かり難い。特にスキンヘッドが多すぎるだろう。スキンヘッドの敵とスキンヘッドの警官が戦って、ドミニクもスキンヘッド。うちの親が、どっちが主役なの? と混乱していたじゃないか。どっちもドミニクじゃないというw 前作でも、敵味方によく似た奴がいたのだが、キャラが被らないようにしたほうが良いと思う。

犯罪組織に拉致されている、人物監視プログラム『ゴッド・アイ』の開発者ラムジーを救出するため、空から車ごと降下してカーチェイスを繰り広げたり、アブダビの王子がいる超高層ビルから車ごと飛び出したりするのは、派手で良かった。

敵が何なのか、いまいち分かり難かった。名探偵コナンの黒服の組織もそうだけど、この映画でも武装ヘリが町を破壊しているのに、何で軍隊がすぐに出動してこないのか謎である。

今回はブライアン・オコナーの台詞が少なすぎるのだが、ポール・ウォーカーが事故死したから、弟が代役を務めている部分があるので、仕方がないのか。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する