りかさん

4037444208りかさん
梨木 香歩
偕成社 1999-12

by G-Tools

ようこは自分の部屋に戻り、箱を見た。お人形のおいてあった下には、着替えが幾組かたたんであり、さらにその下のほうにもう一つ、箱のようなものが入っている。開けると、和紙にくるまれた、小さな食器がいくつか、出てきた。「説明書」と書かれた封筒も出てきた。中には便せんに、おばあちゃんの字で、つぎのようなことが書いてあった。『ようこちゃん、りかは縁あって、ようこちゃんにもらわれることになりました。りかは、元の持ち主の私がいうのもなんですが、とてもいいお人形です。それはりかの今までの持ち主たちが、りかを大事に慈しんできたからです。ようこちゃんにも、りかを幸せにしてあげる責任があります。』…人形を幸せにする?…どういうことだろう、ってようこは思った。どういうふうに?梨木香歩・最新ファンタジー。


ようこがリカちゃん人形を欲しがったところ、祖母の麻子が送ってきたのは、りかさんという名前の日本人形だった。最初はガッカリするのだが、寝ている間に、その失望感をりかさんが祈りの力で浄化してしまう。りかさんは、不思議な能力を持ち、人間と意思疎通が可能な人形だった。

りかさんには取り扱い説明書がついていた。朝は着替えさせて髪を櫛でとき、柱を背に、座布団に座らせないといけない。朝食の用意までしなければいけない。昼食は要らないが、夕食にはおかずを一品。そして寝る時も着替えさせ隣に寝かさなければいけない。

かなり面倒な儀式のようになっているのだが、書かれていた通りの事を続けていたところ、りかさんの声が聞こえるようになる。

ようこの家のお雛様は、別々のセットだったものを、親が要るところだけ他所から持ってきて補充したため、調和が乱れておかしな事になっている。そういう人形同士の収まりの悪さも、今までは気づかなかったのだが、りかさんという存在によって、分かるようになってくる。

友達の登美子の家にも、祖父が集めて来た人形がたくさんあるのだが、そこでも人形の間で厄介な事が起こっているらしい。普通の人間には分からないけど、人形のいざこざが、人間にも影響したりするようである。

登美子の家から帰る時に、浅葱色の着物を着た小さな子がついてきてしまった。小さな子は背守を無くして探しているようだが、帰りたいと泣き出す。背守が無いと帰れないらしいのだが、帰るべき場所は登美子の家ではないらしい。

ようこの家のお雛様が抱えている問題は、祖母が持ってきたもので解決するのだが、小さな子は帰れないままで、最初の話が終わる。

次の話には、アメリカから来たアビゲイルという青い目の人形が登場する。これh、日米友好のために贈られた親善使節人形だった。しかし、この後、太平洋戦争が起こってしまい、青い目の人形は敵性人形として、大半が処分されてしまう。アビゲイルにも、悲惨な運命が待っていた。

それにしても12,739体も寄贈されて、334体しか生き残らないというのが酷い。人形を虐待したところで、アメリカには勝てないのに、馬鹿なのだろうか。アメリカに寄贈された日本人形の多くが生き残っているのと比べて、対照的である。

アビゲイルも、クズどもによる同調圧力が発揮された結果、悍ましい姿へと変貌してしまう。全員がクズではなく、中には人形を守ろうとした高島先生のようなまともな人間もいるし、人形を愛した比佐子のような優しい子もいるのだが。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する