悪魔サマの愛言葉

4776740605悪魔サマの愛言葉 (ミッシイコミックス Next comics F)
伊吹楓
宙出版 2015-08-01

by G-Tools

地味~な容姿がコンプレックスな蘭のもとに、ある日、ドSな悪魔男子・ゼロークが現れた!! ゼロークの力で蘭は美少女に大変身☆ 喜んだのもつかの間、「見返りが必要だ」とグイグイ迫られて…!?


坂上蘭は地味系女子高生である。眼鏡で三つ編みだから、委員長みたいにしか見えない。三つ編みだから地味なイメージなのではないかと、友人が解くが、超天然パーマな髪型だから、そのままだと頭部が数倍に膨張してしまう。

一重まぶた、ソバカス、超天然パーマと、悩み事が多かったが、こういう地味系のほうが結構化けるんだよね。可愛いを作ったところで、天然美女には絶対に敵わないのだが。

自分の部屋で悶々としていたところ、いきなりイケメン悪魔ゼロークのターゲットに選ばれてしまう。「オレがお前の人生変えてやるよ」と言われ、悪魔の力でいきなり美少女になってしまった。

これなら、片想い中の先輩もなんとかなるかと思いきや、先輩は1年も付き合っている彼女がいた。こういう話は、悪魔とフラグが立つと決まっているのだから、先輩にはフラれても当然である。というか、予めそういうシナリオになっているものである。

坂上蘭の大切なものを受け取るまでは、契約が終了しないので、取引続行となる。ちなみに、魂を取ったりはしないようである。悪魔ゼロークは、黒瀬零という名前で転入してくるのだが、イケメン狙いのクズ女子が主人公に嫌がらせをするという定番イベントが発生する。

ゼロークが心から喜ぶものを渡さないと契約終了にならないので、プレゼントをするためにメイド喫茶で働き始めるのだが、やがて自分の気持ちに気づいてしまう。先輩が好きだったはずなのに、女の「好き」は全くアテにならない。悪魔ゼロークが好きだという気持ちを受け取ったので、契約は終了となった。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する