インサイド・ヘッド

B015CBNG8Oインサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2015-11-18

by G-Tools

11歳の普通の女の子の頭の中に存在する感情たちが繰り広げる冒険ファンタジー。ミネソタを離れ、見知らぬ街・サンフランシスコで暮らし始めたライリーの心は不安定になってしまう。以来、彼女の頭の中の5つの感情のうち、ふたつをなくしてしまい…。


脳内にいる感情がいろいろと仕事をして、外の人に影響を与えるのか。なにこの『脳内ポイズンベリー』を思いっきりパクったような内容は!? えっ!? これはパクリじゃないの? ディズニー系は色々と他所の似ている作品と被るものを作りすぎである。ライオンキングだって思いっきり手塚作品のパクリみたいな内容だし。

11歳の少女ライリーの頭の中には、ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミが存在した。ヨロコビがリーダーシップを発揮していて、カナシミは何をしているのかよく分からない感情だった。

ある日、カナシミが余計な事をしたから、ライリーの感情がとんでもない事になってしまう。要らない子扱いされていたカナシミだって、必要な感情なんだよというところに落ち着くのは、開幕直後に予想出来てしまうのだが、最初の方でやらなくて良い事をしすぎじゃないか。

完璧に、カナシミがおかしなことをした事が原因で、外の人がおかしくなってしまうし。観ていて腹が立つレベルで、カナシミが余計な事をしすぎである。

ヨロコビはカナシミと共に司令部から吸い出されて、長期記憶の保管場所に行ってしまうのだが、記憶のゴミ捨て場に隔てられているので、元の場所に帰る事が出来なくなってしまう。

ヨロコビは、記憶の保管場所で忘れられていた空想上の友達ビンボンと出会う。司令部に戻るため、ビンボンに手伝ってもらうのだが、性格の島が次々と崩壊して行く。戻るどころか、思い出のゴミ捨て場に落ちてしまう。ヨロコビを上に戻すため、犠牲になって消えていくビンボンに全米が泣いた!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する