Iceman Digital Play Stage

Iceman Digital Play Stage

Iceman(アイスマン)は、キーボーディスト浅倉大介、ギタリスト伊藤賢一、ボーカリスト黒田倫弘による日本の音楽ユニット。1996年にデビュー、2000年に活動を休止した。(wikiより)


これは音楽ソフトであって、ゲームではない。PS時代にはこの手の音楽ソフトが結構出ている。ネタで買ってみたけど、正直、Icemanとか知らないし。どうやら、音楽を聴いている余裕など無かった私の暗黒時代に活動していたユニットらしいので、知らなくても仕方がない。

浅倉大介だけは、accessのメンバーだったので、知っているけど。横浜アリーナや国立代々木競技場第1体育館でライブ・イベントを開催しているので、そこそこ売れていたようである。私は人生暗黒時代だったので知らないが。

ライブ映像を少しだけ弄って、映像の方向を変えたり、エフェクトを入れたり出来るのだが、ゲームとして考えると、かなり微妙である。収録曲も「FINAL PRAYER」、「GALAXY GANG」、「Something feel like heaven」だけなので、内容量も少なすぎる。

今なら探せば100円くらいで買えるけど、定価で買った人は、1曲900円くらいだから、かなり高額である。正直、100円じゃなかったらファンしか買わなくて良い程度の内容である。ライブ映像は、ヴォーカルの人の足クネクネが気持ち悪かった。


評価:★☆

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する