FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■生まれ変わりの研究―前世を記憶するインドの人々

4531080866生まれ変わりの研究―前世を記憶するインドの人々
サトワント パスリチャ Satwant Pasricha
日本教文社 1994-10

by G-Tools

インドにおける数多くの「生まれ変わり型事例」を徹底的に調査し、前世を想起する人々の主張の“事実性”を科学的に検証。人間の転生に関する、多数のデータを収録した詳細な報告書。


なろう系の転生物とは違って、インドの学者が真面目にデータを収集した報告書となっている。きちんとデータを出して数字やグラフで表現されている点、ただのオカルト本とは異なるのだが、果たしてデータが正しいのかという点については何とも言えない。

インフラすら整備されていない農村で当事者達に聞いたものを纏めているので、それが真実なのかどうかは分からない。著者が嘘を吐かなくても、嘘や思い込みなどが混ざる可能性は否定できないし。

日本だったら絶対に干されそうな研究をしているのも面白いが、調査しているのがインドだけに、転生にある特徴がみられるのも興味深い。なんと、TS転生がほどんど存在していないのである。ほぼ、男→男であって、日本のラノベみたいに女の子に転生した人が全くいないのである。

これは、インドが男尊女卑国家だからではないのか。ひょっとして、生まれる前に性別を選べたりするのかな? 今の日本で調査してみたら、トラックに轢かれて死んだブサメンや、過労死した黒企業奴隷がたくさん、美少女に転生していたりするのではないか? その前に、まず日本に転生者がいるのかどうか分からないけど。

生まれる場所まで選択可能だったら、お前らは剣と魔法の世界に転生するから、日本なんて選ぶわけがないよなぁ。地球を選択するにしても、人間を1日20時間も働かせたりしない、ヨーロッパ方面の美女やイケメン率の高い勝ち組国家を選ぶだろうし。

しかし、そうなると、欧州の人口ばかり増えて行くはずだが、ドイツや北欧などで転生者が増えないのが謎である。え? 次も日本を選ぶって? じゃあ日本の少子化対策転生者は、お前らみたいなネトウヨやアベ信者に任せるよ。

私は次の転生では、剣と魔法の世界で魔力最強な金髪エルフちゃんを選ぶから。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿