FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 屋根裏部屋の公爵夫人

社交界デビューをしたばかりの伯爵令嬢オパールは、とある騒動からすっかり評判を落としてしまった。それでもオパールは意地悪な噂に負けることなく胸を張り、莫大な持参金目当ての求婚者たちを断り続けていた。二十歳になれば母方の祖母からの遺産を受け継ぎ、田舎でひっそりと暮らすつもりで。しかし、オパールにとって最後のシーズンにするつもりだったある日、借金を抱えた公爵ヒューバートとの結婚を父親から命じられる。


小説家になろう
屋根裏部屋の公爵夫人
完結


伯爵令嬢オパールがDQN貴族のせいで傷物扱いされてしまう。20歳になれば受け継ぐ事が出来る祖母の遺産で、ひっそりと田舎暮らしをしようと決めるが、父親から貧乏公爵に嫁ぐよう命じられてしまう。

伯爵家は当主も令嬢もやり手なので、領地が潤って金持ちだが、公爵は領地が災害続きで借金を抱えている。この公爵が、病弱な従姉妹の事しか考えないバカボンで、高貴なる者の義務を全く果たしていない。それどころか、公爵夫人となったオパールを敵視する。

公爵家の使用人もクズだらけで、領地の代官はギャンブル好きで金を横領していた。まともに領地を経営していれば、すぐに分かる事なのだが、当主は一度も領地に戻らないバカボンだから、今まで業務上横領が発覚しなかった。我慢を重ねていたオパールだが、クズどもの言動が酷すぎるので、反撃を開始する。

途中で、公爵はやれば出来る子だったかのようなご都合主義展開があるのだが、それは、なかなか姿を現さない本命が裏方として頑張っていたからだった。最後はトゥルー・エンドで終わってくれる。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿