読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 察知されない最強職《ルール・ブレイカー》 ~ 「隠密」とスキルツリーで異世界を生きよう

交通事故で運悪く死んだヒカルは、天界で魂の裁きを受ける列に並んでいたがひょんなことから異世界へ魂を転移させる勧誘を受ける。ヒカルが受け取った能力は「ソウルボード」。ポイントを消費してスキルを伸ばす、スキルツリーを使えるものだった。


小説家になろう
察知されない最強職《ルール・ブレイカー》 ~ 「隠密」とスキルツリーで異世界を生きよう


事故死したヒカルは、魂の裁きを受ける前に、他の者を虐めていたクズから何かを盗み出す。その後、殺された異世界の貴族と取引して相手の身体を貰い、甦る。

決められた時間内にターゲットとなる伯爵を暗殺しなければ、魂ごと消滅するらしい。能力が表示されたソウルボードを見る能力を得たので、暗殺に最適な才能を伸ばし、異世界で生きて行く事になる。

隠密スキル特化というのは地味な感じだけど、他の者は自分の能力値を見たり、自分でポイントを振り分ける事が出来ないので、あまり位階(レベルのようなもの)を上げてはいない。

みんなが能力を向上させるような世界だったら厳しいだろうが、限界まで上げた隠密スキルに対処出来るような相手はほとんどいないので、かなり無双モードに近い事になっている。

自分の代わりに伯爵家の娘ラヴィアが容疑者として捕らえられたので、ラヴィアを救い出して自分の仲間(本命ヒロイン)に加える。

ダンジョンを攻略して崩壊させたり、龍を解放したり、隣国で学生になったり、竜を退治したり、皇帝の寝所に侵入したりと、かなり自由に生きている。

主人公は死んでから転生だが、位階を3桁まで上げているゲーマーJKの転移者も出て来る。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿