FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~

ブラック企業に酷使された男が転生したのは、ステータスやスキルのある世界。その世界で彼は、冒険者になることさえ難しい不遇職『テイマー』になってしまう。――しかし彼は、ひょんなことから2つめの職業『賢者』を手に入れる。『賢者』の力は、圧倒的なものだった。だが異世界に来たばかりの彼は、自分の力がどれほどのものか自覚していなかった。こうして彼は、自分の力を自覚しないままギルドに行って冒険者となり、各地で騒ぎを起こしながらも成り上がっていく。


小説家になろう
転生賢者の異世界ライフ ~第二の職業を得て、世界最強になりました~


黒企業奴隷が異世界に行ってしまう。説明文には転生と書いてあるが、過労死して行ったのではなく、仕事中に怪しげな文章が表示され、ウイルスか何かかと思ったら異世界召喚に承諾したと見なされて、無理やり飛ばされている。死んでいないから、転生ではなくて転移のような気がするのだが。

最初は、不遇職のテイマーになっているのだが、スライムをテイムしてしまったところ、誰も住んでいない一軒家に案内される。家の中にあった神滅の魔導書を読んだところ、光魔法、闇魔法、火魔法、水魔法、土魔法、雷魔法、風魔法、時空魔法、特殊魔法、大魔法をテイムしてしまう。

集まってきたスライムを全部テイムしたところ、使役魔法と付与魔法が増えた。他の本も読み漁ったところ、加工魔法や超級戦闘術も覚え、いつの間にか賢者になっていた。

この世界の人間には、賢者という職種が知られていないので、不遇職と見なされているテイマーとして冒険者登録するのだが、自分でも気づかないうちにチート性能になってしまっていた。

ちなみに、この世界の冒険者は誰でもなれるものではなくて、試験に合格しないと働けないので、他の異世界物よりも難易度が高かった。主人公はチートだから余裕で合格したけど、不合格になっている人も結構いたし。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿