読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 私、能力は平均値でって言ったよね!

B01GRZ8UU8私、能力は平均値でって言ったよね! 1 (アース・スターノベル)
FUNA 亜方 逸樹
アース・スター エンターテイメント 2016-05-15

by G-Tools

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを……。


小説家になろう
私、能力は平均値でって言ったよね!


アスカム子爵家長女アデルは、ある日、前世記憶を思い出す。前世は日本人JKで、能力が高すぎたため孤立していた。死ぬ運命だった重要人物を助けて代わりに死んだので、神の如き高等生命体からチートを貰って転生する事になる。

前世であまり良い目に遭わなかったので、「能力は、平均値でお願いします!」とお願いしたところ、全く平均的な能力ではなかった。能力的には真ん中にはなっているのだが、それは平均値でも偏差値50でもなかったのである。

まず、身分は王、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、、騎士爵、平民、奴隷と並べた場合、真ん中にある子爵の家に生まれていた。この世界の管理権限は10段階ほどあるのだが、真ん中の5段階になっていた。普通の人間は0か1くらいなので、ちっとも平均ではない。強さも、最弱種族から最強の古竜まで並べた場合の真ん中になっていたので、人類としては最強だった。

子爵家は入り婿だった悪い父親と継母に乗っ取られかけており、邪魔者として平民が通う学園に送られてしまうのだが、王都で色々と騒動を起こして隣国に逃げ出す事になる。

隣国では、ハンター学校に入る事になるのだが、卒業後は、ハンターとなって暴れまわる波乱万丈な人生が待っていた。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿