FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■本能寺ホテル

B06ZZFPZQL本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション
ポニーキャニオン 2017-08-02

by G-Tools

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル"に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。


タイムスリップ物は好きなので期待したのだが、これは綾瀬はるかのプロモだった。主人公の倉本繭子が、会社が倒産したから出会って半年くらいの男と状況に流されるまま結婚しようとしているのだが、宿泊した本能寺ホテルのエレベーターで本能寺の変直前の本能寺に行ってしまう。

本能寺でも何も考えずに暴れて殺されそうになるし、頭が弱い子にしか見えない。現代と戦国時代を行き来しながら織田信長と関わるのだが、歴史改変に関わる覚悟も無いまま、お客様状態で本能寺に入り浸りすぎである。これでは、戦国時代で観光旅行をしてきただけみたいじゃないか。

結局、歴史は改変されず信長は死ぬし、婚約者との結婚も白紙に戻るし、会社が倒産しているから無職のままだし、戦国時代まで自分探しの旅に出かけた痛い子なだけで終わってしまった。この後は、負け組になる未来しか見えてこない。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿