FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■ふしぎな銀の木

4834082873ふしぎな銀の木 スリランカの昔話 (世界傑作絵本シリーズ)
シビル・ウェッタシンハ
福音館書店 2017-06-14

by G-Tools

王の夢に現れた「銀の木が生え、銀の花が咲き、銀の実がなり、銀の雄鶏が三度鳴く」という不思議な世界を探しに、王子が旅立ちます。


これは、スリランカの昔話である。ある日、王が不思議な夢を見る。地面が割れて世にも美しい銀の木が生えてきたのである。銀の木には銀の花が咲き、銀の実がなった。そこへ銀の雄鶏が現れ、木のてっぺんで時を告げるのである。

目覚めた王は、夢の中の出来事なのに、三人の王子に銀の木を持ち帰るよう命じて旅立たせる。木を持ち帰った者を次の王にすると言うが、頭がおかしい。

王子たちは三本の分かれ道で別々に進むが、長男は「食べて!」と言う怪しいバナナを食べてしまい、リタイアしてしまう。呪いのバナナで2本の角が頭に生えてしまったのだ。

次男も、蓮の花が咲いている池が「飲んで!」と言うので、試してみたところ、大きな蛙に変えられてしまい、冒険は終了する。怪しい声に簡単に騙されるなんて、王子達も頭がおかしい。

三男は隠者に出会い、小さな種を貰って謎の洞窟へ向かう。兄達が不条理な目に遭っているのに、何で三男だけ順調なのか。分かれ道でどの方向へ進んだかで決まっているのだから、これも運だよなぁ。

大きな蛇を殺し、スズメバチの大群を殺し、洞窟の中で白の乙女に出会う。しかし、白の乙女は自分を殺せというので、王子は相手を殺してしまう。白の乙女が死ぬと、金の扉が開いて、中にはもっと美しい金の乙女が居た。

金の乙女も自分を殺せというので、その通りにすると、別の扉が開いて、中にはさらに美しい銀の乙女がいた。銀の乙女も同じように殺すと、王が夢で見た出来事が再現され、乙女達が生き返る。展開が不条理すぎて訳が分からないw

戻ってきて隠者に再開すると、バナナと水の入った壺を渡され、「角のあるものに、たべさせよ」「みどりのものに、のませよ」と言われる。兄を探しに行き、言われた通りにすると、元の姿に戻った。

そのまま王宮まで戻ってくるが、三人の乙女を連れてきているので、兄達が先行した結果……。嘘を吹き込まれて怒った王に、牢屋に幽閉されてしまう。最後はご都合主義で全員ハッピーエンドになるのだが、外国の昔話って訳が分からないシュールなものが多いよね。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿