FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■おじさんとポニーテール

4801962246おじさんとポニーテール (バンブーコミックス)
香日 ゆら
竹書房 2018-03-27

by G-Tools

一人暮らしのおじさん(36歳無職のお菓子上手)の家に、女子高生(高校1年生の運動マスター)が弟子入り志願?


高木大輔はいろいろあって人生一時停止中の36歳である。一時停止中で済めば良いけど、一発勝負型社会ジャップランドでは、この年で無職なら、永久停止中で来世に期待! になりかねないぞ。この国ではニートすら年齢制限があって、35歳以上はニートになれないからな。

ある日、塀を乗り越えてきた女子高生に顔面を攻撃されるのだが、自分で攻撃しておいて「大丈夫ですか?」と聞いてくるなんて訳が分からない。むしろ、お前の頭が大丈夫なのかと問うべきところであるが、この国において女子高生は最強職なので、最底辺無職のおっさんが戦えるはずもなかった。

塀から飛び込んできた見知らぬ女子高生が作ったクッキーを食べさせられるイベントが発生するのだが、これって無職童貞キモオタニートの妄想か何かなのかな? こんなレアイベントは、巨大隕石衝突や超新星爆発よりも発生確率が低いと思うのだが。

始めてクッキーを作った人の味しかしなかったので、俺のほうが上手いとおっさんが漏らしたところ、JKの食べてみたいな(/ω・\)チラッ 攻撃が始まる。この国の最強職であるJKに頼まれては、断る事など出来なかった。

しかし、JKを餌付けしちゃ拙いだろう。美味しかったらしく、作り方を教えて欲しいから明日も来ると言い始める。ここで、JKの名前が近藤さつきだと判明する。

翌日も、塀を乗り越えて侵入して来るのだが、学校でさつきの言動に不信感を抱いた友達が尾行して来て、塀の穴から覗いていた! しかも、乗り越えて無理やり入ってくる。

尾行してきた津田香澄は小学校から一緒の友達らしいが、すっかりおっさんの事を疑惑の目で見ている。JKが独り暮らしのおっさんの家に入り浸っていたら、普通はそういう目で見るよなぁ。

この家にはおもちという誰にも手を触れさせない凶暴な猫がいるのだが、何故か香澄を気に入り、膝の上で寝転んでしまう。だがしかし、香澄は猫が苦手だった。

毎日のように塀を乗り越えて来るので、様子を見に来た弟や、弟の嫁に見られてしまう。美女が現れたと思ったら弟の嫁で、JKとの関係を完全に誤解したまま帰って行った件。

近藤さつきは、お菓子を作るためのお菓子師匠という理由で出入りし始めたのに、ちっともお菓子作りを学ぼうとしないので、何で入り浸っているのかよく分からない事になっている。

ある日、知らない子が貸した覚えのない傘を返しに来た。女子中学生にしか見えないのだが、男だと!? ちなみに、傘を貸したのは近藤さつきだったが、女顔中学生がさつきに弟子入りしてしまうので、自動的におっさんも師匠の師匠という事になってしまう。

津田香澄はおっさんから親友を守ろうと敵視していたはずなのに、いつの間にかフラグが立ちそうになっていて甘酸っぱい。しかし、やる気のないおっさんだから、フラグは立たずに終わってしまう。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿