FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラ

中世ヨーロッパの平和な小国トランシルバニア。この国には「魔王ドラキュラは100年に一度、キリストの力が弱まるころに邪悪な心の人間の祈りによって復活し、復活のたびに魔力は強くなる」という伝説がある。ドラキュラは過去に一度この世に復活したが、世を暗黒の雲で覆い闇の世界に君臨せんとするドラキュラの野望は、英雄クリストファー・ベルモンドとの死闘の果てに打ち砕かれ、トランシルバニアの片田舎で再び眠りについたのであった。


何度もリメイクされたり進化してきているタイトルなので、ゲーマーなら知らない人はほとんどいないレベルの名作である。

英雄クリストファー・ベルモンドが魔王ドラキュラを倒してから100年後。ドラキュラは100年に一度、キリストの力が弱まる頃に復活するという。町外れでは邪教徒が黒ミサの儀式を行っていた。ベルモンド一族の青年シモンは、復活したドラキュラと戦うため、単身でドラキュラ城へと乗り込む事になる。

全6ブロック、18ステージのアクション・ゲームになっている。特殊武器次第で難易度が大幅に変わるので注意。知らなくて斧で突っ込んだら死神にフルボッコにされた件。どうやら死神とラスボスには聖水嵌めプレイが最強のようである。

ファミコン時代のゲームにしては、理不尽な部分もなく、徐々に難易度が上がっていくゲムバランスも絶妙である。ROM版はアホみたなプレミアム価格になってしまっているので、今からプレイするのならバーチャルコンソール版が良いかもしれない。

ヘタレ・ゲーマーな私はこのレベルでもクリア出来ないので、誰かがクリアするのを指咥えて見ている事しか出来ませんが\(^o^)/ アクション・ゲームが好きな人なら満点を付けるかもしれない。



評価:★★★★
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿