FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■ダウンタウン熱血物語

ダウンタウン熱血物語

『ダウンタウン熱血物語』は、1989年4月25日にテクノスジャパンから発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。(wikiより)


不良同士の抗争を描いた横スクロール型のアクションRPGである。硬派くにおくんシリーズなので、主人公くにおくんと、ライバルりきが登場する。冷峰学園の不良グループに、りきの彼女が攫われたので、助けに行くという、不良物によくあるストーリーになっている。りきって彼女いたのか、リア充爆発しろ……。

普通のアクションとは違っていて、頑張ればヌルゲーマーでもクリア出来るようになっているのが素晴らしい。レベル制ではないが、ステータスが存在するので、努力すればキャラが強くなって行く。

プレイヤー・レベルを上げる系のゲームだと、どう頑張っても下手なままではクリア出来ないが、キャラが成長してくれるので、上手く操作出来なくても何とかなるようになっている。各地に商店街があるので、適当に買い食いなどをしていると、ステータスが上昇して行く。

必殺技も本屋で買えるので、複雑なコマンドを入力出来ない人はお手上げなんて事にはならない。必殺技は装備品扱いなので、覚えたら誰でも使えるようになっている。

才能の壁を越える事が出来ないアクションと違って、RPGは努力次第でクリア出来るから楽しいよね。リアル人生ゲームもRPGなら、ここまでクソゲーにはならなかったのに。



評価:★★★★
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿