FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■農園からの手紙

4122032636農園からの手紙―イラストとエッセイでつづる (中公文庫)
玉村 豊男
中央公論社 1998-10

by G-Tools

切られても掘られてもまた若芽を出してくる植物の生命力―土をいじる仕事がいつでも新鮮に感じられる―。玉村豊男が描く、農園の暮らし。『NHKきょうの料理』に好評連載されたエッセイ&イラストに書き下ろしを加えた38篇。


長野県に住み、農業を営む玉村豊男のイラスト付きエッセイ。都会人が憧れるスローライフな生活をしているが、近所の人がいきなり遊びに来るという田舎ならではの人間関係も垣間見えるので、リア充じゃなかったら田舎暮らしは辛すぎると思う。

とりあえず、私のようにぼっちでコミュ障で人間が嫌いでもうずっと放っておいてほしい最底辺非リア充クラスタには無理ゲーすぎる。自分の農園や、近所の農家が作ったものを食べていて、健康には良さそうな生活だが、ちっとも羨ましいとは思わない件。

知り合いや近所の人がいきなり遊びに来るというのはともかく、有名人だからか、全く知らない人まで来るのは酷すぎると思う。せめて、アポを取って玉村豊男の許可を得てから訪れろと言いたい。何で日本人は自分の都合しか考えないクズが多いのだろう。

ワイン造りもしているのだが、やはり日本で造ると高くなるよね。どんな味なのか気になるが、この値段なら諦めて、ブルゴーニュ産のワインを買ってしまいそうだ。値段を考えると、最強なのはチリワインだけど
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿