FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■研究するって面白い!(岩波ジュニア新書841)

4005008410研究するって面白い!――科学者になった11人の物語 (岩波ジュニア新書)
伊藤 由佳理
岩波書店 2016-10-21

by G-Tools

数学、医学、化学、薬学、生物学など理系の専門分野で活躍する女性科学者11人による研究案内。それぞれの研究内容やその魅力を余すところなく伝えるとともに、どのようにして進路を決め、今があるのかについても語ります。時に悩み、回り道をしながらもまい進していく姿に、元気や生きるヒントももらえます。


表紙の制服女子に釣られてしまったのだが、リケジョを増やすための女子中高生向け就職案内みたいな内容だった。植物分類学、医学、現代暗号理論、環境衛生科学、触媒化学、ケミカルバイオロジー、数値解析、分子生物学、データサイエンス、地球化学、代数幾何学など、理系職種についた研究者について紹介されている。

残念ながら各自に割り当てられたページ数が少ないからか、それぞれの自己紹介文程度にしかなっていない。個人エピソードについても、本書を読んだ女子中高生が理系に興味を持つか怪しい。もっと読み手の人生を変えるくらいの、強烈なエピソードが必要なのではないか。

偶に転職組などの変わり種もいるけれども、取り上げられている11人の多くが高偏差値大学出身なので、凡人が読んでも同じ道を歩めるとは思えない。あまりにも東大や京大出身者が多すぎである。他もだいたい旧帝大レベルだし。これでは、一般人が普通に入れるような大学では、専門分野で活躍出来ないと言っているのと同じではないか。

あとは、バブル世代が結構いるのだが、バブルの波に乗れた世代と、少子化が進行しすぎて研究者なんてあまり必要とされない平成末期では、難易度が全く違うと思う。好きな事を仕事にするという薔薇色の人生を夢見るだけでなく、失敗した場合は超高学歴ワーキングプアになる危険性を十分認識すべきである。

海外なら研究者として成功しなくても人生サイコロを振り直す事が可能だが、一発勝負型社会の日本では、東大や京大を出ても非正規雇用で不安定なままの負け組人生になったりするのだから。東大や京大を出たのに、盗んだバイクで走り出すようなDQN以下の人生で終わったりしたら悲惨すぎるではないか。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿