FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■web小説 召喚されたけど、一般人その1だった。

山本桜はバイトの帰りに異世界に転移させられた。そこには同じように召喚された5人がいた。召喚されるはずだったのは4人だったので、順番に水晶で適正と魔力量を測ろうとなったのだが、桜はさせてもらえず、お城から追い出されてしまった。こんな国には居たくないと思い、隣国を目指すことにした、桜はその途中で、獣人にあう。自宅で飼っていた犬に似ていたその獣人を助け、その獣人と一緒に国に行った。そこで、見習い騎士として過ごす桜のお話。一方、勇者だとされていた4人は勇者ではなく、巻き込まれたはずの一般人その1とその2が勇者だったのだ。


小説家になろう
召喚されたけど、一般人その1だった。


女子高生の山本桜がバイトから帰る途中、勇者召喚に巻き込まれてしまう。勇者を召喚した王国は、4人召喚したはずなのに、何故か6人いた。モデルみたいなイケメンと美女が勇者認定されてしまったので、山本桜は適正と魔力量を測る水晶を触らせて貰えなかった。

勇者召喚に巻き込まれた一般人扱いされてしまった山本桜は、そんな国には居たくないと、隣国に逃げる事にした。酷い扱いをされる者が実は勇者だというのがお約束だが、異世界の王族は何でこんなに馬鹿が多いのか。

今のところ、隣国へ逃げて行く山本桜は、自分が勇者だと気づいてはいない。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿