FC2ブログ

読書電撃戦

増え続ける積みゲーと積ん読タワーを相手に戦っています。マジキチ対策で閉じている間にブログ村から村八分にされたので、ブログ村ボタンは押さないでください。

ブログ内検索

プロフィール

Riesling

Author:Riesling
あまり、電撃戦的な速度で攻略出来てないような気が……。図書館に無いから、電撃文庫は少なめです。

当分の間、リンク、コメント、トラックバックには対応しません。アダルト、アフィリエイトへの誘導はご遠慮下さい。

カテゴリ

シンプルアーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

■■■プラネット

プラネット

「きっと、あるよ」


天という名の変わった幼馴染を持つ少女の話なのだが、一緒にいた天と会わなくなってしまう。意味深な事ばかり書いてあるので、死んでしまったのかと思ったじゃないか。グダグダと悩んだままで、ずっと会っていなかったのだが、天はちゃんと自宅にいるではないか。

久しぶりに会いに行くと、天はとある病気で倒れてはいたが、「月が綺麗ですね」などと言われてしまう。これは高偏差値にしか通用しない台詞ではないか。

「きっと、あるよ」というのは、きっと良い事があるよという意味だった。あるかどうかは人それぞれで、良い事なんて起こらないハズレクジ人生だって存在するのだが。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿